まつ毛美容液の使い方のおさらい2016年版

更新日: 2018年4月24日

まつ毛が伸びる美容液とはいえ、全然伸びないよってことも当然あります。
誰でも簡単にお手入れはできるはずなんですが、効果が出なければ、それはお金を捨てたようなものです。
使い方自体は簡単なので、もう一度初心に戻って使い方を覚えておきましょう。

まつ毛美容液は簡単!基本は塗るだけ+アルファ

まつ毛美容液については、基本は塗るだけでOKです。
まつ毛の根元に塗っておけば、それだけで効果が出る人もいます。
でも、それプラスもう少し深く考えて見ましょう。
まつ毛美容液の使い方のおさらい2016年版

まつ毛美容液は洗顔後の清潔な肌に塗ること

美容液というくらいですから、メイクしてる状態で塗るというのはNGです。
朝晩使うタイプや夜だけのものもありますが、いずれの場合でも、洗顔後に使うことを意識しましょう。
毛穴も汚れている状態では、成分が浸透しにくいと考えられます。

夜なら、お風呂上りで、洗顔が終わった状態でつける。
朝の場合でも、洗顔後に使う。
ただこれだけです。

まつ毛美容液は丁寧に丁寧に塗ることが大事

他のコスメでもそうだけど、塗り方、いかに丁寧に塗るかも大事です。
目に入らないようにするのは当然だけど、まつ毛の根元に少しずつ丁寧に塗りましょう。

はっきりいって、これくらいで十分です。
継続することが大事なので、塗りすぎるのは勿体ないですね。

せっかく順調に伸びてきても、塗るのをやめると元に戻る傾向にあります。
1本を買えば、結構長いこと持ちます。ラピッドラッシュにしてもビューティーラッシュにしても、プレミアムアイラッシュエッセンスにしても、1本で数ヶ月持たせることもできるでしょう。

毎日使う、丁寧に使う、そして続ける。
これが基本ですね。

まつ毛美容液で太く強く長くしたい

アヴァンセだったかスカルプdだったか忘れましたが、本当にロングセラーなまつ毛美容液もありますよね。
エマーキットもそうかな。
ドラッグストアとかでも通販でも手軽に買えるのがいいところです。
育毛剤とは違うので、医薬品ではありませんが、効果ないとは言い切れません。
それはレビューや口コミを見れば分かることです。
まつエクしたいと思っても、やっぱりいろんな事件があったりするから躊躇してしまうんです。
ビフォーアフターとかの画像がもっとあれば実感沸くんだけど、そういうのはホームページに載せてはだめなのかな、あくまでコスメだし。
こういう類の化粧品においては、意味ないといったコメントもありますが、大切なのは買ったそのまつ毛美容液を信じることでしょう。
不安があったり、心配したり、疑問を持っているようなら使わないほうがいいかも。
売れ筋まつ毛美容液ランキングは昨年とは私の中では変わってませんが、最近注文してるが馬油かな。
シャンプーとかでも人気があるし、低刺激な感じが好きです。

更新日: 2018年4月24日
まつ毛美容液ランキングはこちら

関連記事

まつ毛が伸びる美容液比較(塗り方編)~ペン先のタイプと価格のこと

まつ毛が伸びる美容液比較として、今回は塗り方編です。 どういう書き方がいいか分からなかったので「塗

まつ毛美容液ランキングで人気は?おすすめは?

まつ毛が伸びる美容液と言われても本当に伸びるの? そう思うかもしれません。 そりゃそうでしょう。

まつ毛が生え変わる周期を知ると美容液の早い効果も納得

まつ毛は髪の毛と同じく生え変わる周期がある程度決まっています。 ですので、永遠に伸び続けるというこ

まつ毛美容液を塗るタイミングは夜1回がポイント

まつ毛美容液の効果を左右する塗るタイミング まつ毛をふさふさにしたいと思って「まつ毛美容液」を買っ

TREE目元とまつ毛のご褒美の効果は何?クマにシワにも!

今まで使ってきたまつ毛美容液も実際に、まつ毛が伸びる効果があったものが多かったのですが、新しく出た「

まつ毛美容液「ラピッドラッシュ」を買って使ったレポ(画像あり)

2008年から発売されているということもありますし、世界35カ国で販売されているということもあり、あ

まつ毛美容液と肌のくすみとランキングについて

まつ毛美容液の成分は強すぎない たぶんですが、まつ毛美容液に入ってる成分というのは、やはり化粧品と

目元とまつ毛のご褒美を実際使った効果?3つの満足

目元とまつ毛のご褒美を実際に使ってみて効果を感じてるか? 私は感じてますよ。 実際にまつ

まつ毛が伸びる美容液なんて本当に効果あるの?

日本人って欧米人と比べると、まつ毛が短く、密度も薄いそうです。 確かにあちらのほうの女性ってまつ毛

まつ毛美容液「プレミアムアイラッシュエッセンス」を買って使ったレポ(画像あり)

某女性タレントさんがブログで紹介されたのがきっかけの一つかもしれませんが、それ以外でも女性雑誌やブロ

PAGE TOP ↑