まつげを増やす美容液と育毛剤とサプリで伸ばす方法(決定版)

まつ毛を増やすにはどうすればいいか?

いろんな方法がありますよね。

まつ毛を増やす方法

  • 美容液
  • 育毛剤
  • サプリ

こういったアイテムを使えばまつ毛を伸ばすことは可能です。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、それらを比較しながら、一体どれを使うのが自分にとってベストな方法なのか見ていきましょう!

まつ毛量を増やす方法は4つ

まつ毛量を増やす方法としては、簡単にまとめると4つあります。

髪の毛も同じですが、まつ毛を伸ばすには、必用な栄養素も必要ですし、そもそもの生える環境を整える必要があります。

また、まつ毛が抜けた原因、減った原因を考えることも大事ですが、なかなかそこは面倒なことなので手をつけたくないかもしれません。

例えば、ビューラーの使い方が間違ってたり、ゴムを交換してなかったり、マツエクやつけまつげで猛烈にまつ毛にダメージを与えていたりといった、物理的な要因もありえます。

ストレスをかかえすぎてホルモンのバランスが崩れることも、まつ毛に影響する可能性があります。

しかし、こういったことまで考えてしまうと、余計にストレスがかかることにもなりますから、そこは今回は考えずに、3つの方法、美容液、育毛剤、サプリメントで考えみたいと思います。

まつ毛美容液でまつ毛を伸ばす

まつ毛美容液でまつ毛を伸ばすことに成功した人はいます。私もそうです。

では、同じまつ毛美容液を使ったら絶対に誰でもまつ毛が伸びるかというとそれはありえません。

化粧品の効果には個人差がありますから。

ただ、副作用が基本ないですから、リスクは少なくて済みます。それにプチプラなまつ毛美容液でも効果があったという口コミはありますから、コスメでまつ毛を増やすことも可能でしょう。

ただ気をつけないといけないのが、ここであえて美容液と育毛剤を分けている点ですね。

時々個人ブログでまつげ育毛のことを書いているサイトで、美容液を育毛剤を混同しているところがあるので気をつけましょう。

アイラッシュワン、リバイブラッシュ、ディアモストアイラッシュあたりにも人気ですし、ラピッドラッシュにビューティーラッシュあたりも海外でもすごい人気になっていますね。

こういったまつ毛美容液に入っているのは育毛成分ではなく美容成分です。キャピキシルやリデンシル、ヒト幹細胞エキスなどが入っていても、それは育毛剤としての成分ではありません。

あとはスカルプdにフローフシーにエグータムにキャンメイクあたりでしょうか。価格に幅がありますが、激安まつ毛美容液でも待つが増えたという声もありますし、逆に高いのであっても、全然効果がなかったというのもあります。

目元とまつ毛のご褒美のように、まつ毛だけでなく、目元全体に塗れるコスメもあります。それだけアイメイクが大事だということですね。

  • ピュアフリーアイラッシュセラム プレミアム
  • リバイブラッシュ
  • 湘南美容ロングラッシュリッチ
  • アイラッシュワン
  • リバイタラッシュ
  • ディアモストアイラッシュ
  • エリザクイーン
  • アデノバイタル アイラッシュセラム
  • アリエルトレーディング ラッシュフード アイラッシュセラム
  • アヴァンセ ラッシュセラムN
  • サニーヘルス ドルチェ ラッシュ

この辺の比較から始めてみるのも良さそうです。

まつげを増やす医薬品の育毛剤を使う

まつ毛育毛剤とは、このブログの定義としては「ビマトプロストが含まれ医薬品のことです。

先ほど紹介した化粧品とは違い、医薬品という点が大きく異なります。効果は当然医薬品のほうが化粧品より高いですが、その分副作用の恐れは発生します。

より早く確実にまつ毛を伸ばしたいなら、こちらのビマトプロスト入りのまつ毛育毛剤にするほうがまつ毛を増やすことにはいいでしょうね。

ビマトプロストは元々緑内障の薬ですが、その副作用でまつ毛を増やすことができるんですが、それでもやはり効果には個人差があります。

ケアプロストは価格もお手頃なルミガンのジェネリックですので、人気度が高いです。

ちなみに、どうやって購入するかですが、方法としては病院で処方箋をもらって購入する。例えばグラッシュビスタなですね。個人輸入代行サイトからビマトプロスト入りの育毛剤を買うよりはかなり高くつくと思います。その代わりといっては何ですが、医師との対話の中から購入が出来ますので、安心ですね。

色素沈着等の副作用が出ても、様子を見てもらうことも出来ますので、気持ち的には安心でしょう。

なぜまつ毛育毛剤でまつ毛が伸びるかというと、まつ毛も髪の毛と一緒で生え変わりのサイクルがありますが、そのサイクルが通常より短くなってしまうと、伸びきる前に抜けてしまって、フサフサまつ毛にはなれません。ビマトプロストでまつ毛の成長期を伸ばすことによって、まつ毛も長く太くなるというわけですね。

まつ毛育毛剤を購入するポイントとしては、ケアプロストやミルガンやモデラッシュのように、海外から個人輸入代行サイトを通して取寄せることで、安いのでしたら、2,000円以下で買えるものもあります。為替の変動によっても違ってはきますが、大幅にコストを減らすことを考えるなら、通販のように注文できる個人輸入代行サイトがベストではないでしょうか。

まつげを増やすのはサプリでも出来る?

まつ毛を増やすかのようなサプリは発売されています。なぜそのような書き方になるかというと、サプリは食品ですので、効果効能が定められていないからです。例えばバンビウィンク!まつ毛育毛サプリメントなどがそれに該当しますが、要するに、まつ毛の育毛に良いと言われる成分が入ったサプリということですね。

もちろん、このサプリを飲むだけで、塗るタイプほどの効果があるということはないかもしれませんが、塗るタイプと併用することで、さらにまつ毛育毛の効果が高まるのではないでしょうか。

h3 まつ毛を増やす食べ物ってあるの?

h3 まつ毛を増やすマスカラは?

h2 まつげを増やす方法にワセリン(ヴァセリン)は?

h2 まつげを増やすのダイソーでも出来る?

まつげ 増やす

まつげ 増やす ニベア
まつ毛 増やす 病院
まつ毛 増やす 目薬

photoshop まつげ 増やす

まつげ 増やす マッサージ
まつげ 増やす 医療
まつげ 増やす 手術
まつげ 増やす 整形
まつげ 増やす 男
まつげ 増やす 緑内障
まつげ 増やす 自力
まつげ 密度 増やす
まつげ 少ない 増やす
まつげ 毛量 増やす
まつ毛 増やす プチプラ
まつ毛 増やす 手術
まつ毛 増やす 美容液 市販
まつ毛 少ない 増やす
男 まつ毛 増やす