目元のクマはケアプロストが原因じゃない?洗顔やメイクに注意

体はとてもデリケートなので、ちょっとしたことで、肌が荒れたり赤くなったり痒くなったりもします。

特に目の周りのデリケートなので、ちょっとしたことで異変が起きてしまいます。

目の下にクマができるのも、その部分は皮膚が特に薄いので、血管がすけてみえてクマができるというのも一因のようですね。

目の周りが乾燥したりということも多いのはデリケートだからでしょう。

ケアプロストを使っていると、副作用で色素沈着が起きるという話ですが、それが本当にケアプロストが原因になっているかははっきりと分かりません。そうかもしれませんが違うかもしれません。

ケアプロストを疑う前にするべきスキンケア

目元のクマはケアプロストが原因じゃない?洗顔やメイクに注意

ケアプロストで目元に違和感や副作用を感じるかもしれませんが、その前に、まずはスキンケアやお肌のことを知っておいたほうがいいでしょうね。

間違った洗顔、例えばゴシゴシと洗いすぎて、皮脂が少なくなり、乾燥気味になっていると、やはり目元に何らかのトラブルは発生しやすいですね。

そのために考えたいのがメイクです。シミの原因や黒ずみ、肌のくすみの原因に、摩擦というものがあります。肌を擦ったりしすぎると、そこが黒ずみとなりシミとなる可能性があるということです。

実はメイクの時も洗顔の時も摩擦は生じています。

皮膚の分厚い部分ならまだしも、皮膚が薄い目元をメイクのたびにたくさん摩擦を生み、またメイクを落とす時に、洗顔で大きな摩擦を生んでいると、どうしても肌が乾燥しやすくもなります。

クレンジングは大切ではありますが、ゴシゴシ洗いは禁物です。特に目元ですね。メイクを薄めにすることで、普段から肌への負担を減らすことはできるでしょう。

ケアプロストを塗る前に色素沈着予防が大切な理由

ここまで読んでもらうと分かると思いますが、肌に、特に目元に余計な負担をかけると、シミの原因にもなるということです。

ケアプロストというと、色素沈着の予防や対策のことがよくかかれていますが、まずはその対策のためにワセリンを塗ってからケアプロストを塗るとか、いくつかしておいたほうが良さそうなことがあります。

でないと、ケアプロストの液がまつ毛の生え際以外の部分に付着してしますと、それを洗い流すときに肌に摩擦を生まないといけないからです。

もちろん、そこまで神経質にならなくてもいいかもしれませんが、出来ることはしておいたほうがいいでしょうというお話です。

ハイドロキノン化粧品はシミに効くとかも効きますが、そういった美白化粧品に頼る前に、まずは知識を得ることから始めるのもいいでしょうね。

まつ毛を伸ばす薬はケアプロストやルミガンだけではありませんから、もしかしたら、無理なダイエットをやめたり、食生活を変えるだけでも、まつ毛は今より元気で長くなるかもしれませんね。

ファンデーションもそうですし、アイラインやアイシャドウもそうです。

ナチュラルメイクを推奨しているわけではありませんが、お肌をたまには休ませてあげる時間をつくるとかもいいですね。

洗顔やクレンジングも、コットンで拭き取るのではなく、お風呂で洗い流せるのもいいでしょう。

肌に触れる時間は少ないほうがいいでしょうからね。

ケアプロストでまつ毛の生え際が痒い!原因は何?

何か肌のトラブルが発生したとき、その原因が一つではないこともありますね。それに特定できないこともあるでしょう。ケアプロストが原因ではなく、メイクやスキンケアが原因になっていたり、アレルギー、まつげダニ、花粉症ということもあるでしょう。

怖いのは痒くなってきたからといって、爪で掻いてしまうことでしょう。そうなってくると、余計にまつげが抜けることになりかねません。痛みや痒みがでたら、その部位には触れないようにしましょう。