ケアプロストプラスの使用期限と効果が出るまでの期間

ケアプロストプラスの使用期限は箱の底面に記載あり

今日はケアプロストプラスのこと。

ケアプロストも販売されている中で、こっちのプラスのほうがいいんじゃない?ってことで買う人も多いんです。

ケアプロストとケアプロストプラスの違い
「ケアプロストプラス」と「ケアプロスト」の一番の違いは「チモロールマレイン酸塩」という成分が入っているか入っていないかです。

それ以外の若干ありますが、肝心のビマトプロスト量は同じです。

それでも、値段がほぼ一緒なので、プラスのほうがいいなと思って買ってみたんです。

今日は、プラスのほうの「期間」と「期限」についてレポしていきます。

期限というのは、使用できる期限のこと。

期間というのは、効果がでるまでの期間のこと。

そういう意味合いで書いていきます。

ケアプロストプラスの使用期限って何?

ケアプロストプラスは医薬品であり、使用期限というものがあります。

未開封の状態でも、使用期限があり、その期限内に使い切らないといけません。

また、開封後のは、1ヶ月以内に使い切らないといけません。

ケアプロストプラスの使用期限は箱の底面に記載あり

ケアプロストプラスの箱の底に、このような記載があります。

製造年月と使用期限ですね。私の場合は、購入してから1年以上の使用期限が残っていましたので、まとめ買いをしても、全く大丈夫でした。

問題なのは、開封してからの使用期限のほうですね。

それが1ヶ月間なんです。

だいたい毎日夜1回だけ塗ったとして、1ヶ月くらいでなくなるかなと思うんですが、ある程度まつ毛が伸びてきて、毎日塗らなくてもいいかなってなった場合、例えば2日に1回だけ塗るとなると、1ヶ月以内に使い切ることは出来ないかと思います。

私は、あくまで目安と捉えていますので、どうしても期限内に使い切れなかったとしても、そのまま使っています。あくまで私はですけどね。

ケアプロストプラスで効果が出るまでの期間は?

どちらかというとこちらのほうが気になるでしょうか。ケアプロストプラスを使い始めてから効果が出るまでの期間です。

早い人でしたら1週間程度でまつ毛のハリが出てきたとか、コシが生まれてるとか感じてるみたいです。個人差ですので、あまり人のことは気にしなくてもいいかもしれません。

私としては1ヶ月間、1本使いきるくらいで効果がみえてくると思っています。そこで断定するかは別として、1週間や2週間で結論を急ぐのではなく、じっくりと効果を待つのもいいでしょうね。

ただ、2ヶ月程度たっても、全く効果がないようでしたら、使うのをやめてしまってもいいでしょう。

ケアプロストプラスで手に入れる美まつげ

美しいまつ毛が欲しいと思う女性も多いでしょう。まつ毛が濃くて長いと目がぱっちりに見えますから。

ビューラーやマスカラでも工夫はできますが、出来ることなら自毛を伸ばしたいところです。

マツエクでのトラブルも少なくないようですからね。ビューラーでしたら、まつ毛が痛んで、余計にまつ毛が巻けないくらいにボロボロになってしまうこともありますから。

ケアプロストプラスは、ルミガンのジェネリック的存在のケアプロストの新しいタイプです。ビマトプロスト入りで、その量も同じです。

先ほど、ケアプロストプラスを使ってから効果が出るまでの期間というのを書きましたが、気をつけたいのが、焦りです。

早く効果を出したいと思うあまり、大量に塗布しようとしたりするのは危険です。

また洗顔して清潔な状態にしてから塗るということも忘れてはいけません。

ケアプロストプラスをやめる原因に多いのが、色素沈着がおきて、これ以上使うのが怖くなったというものです。

1日に何回も塗るのもやめましょう。ケアプロストは夜1回塗るで十分です。朝晩塗るようにすると、それで副作用のリスクが高くなってしまいます。

あとはアプリケーターの使い方ですね。専用のアプリケーターであれば、使い捨てですが、これは左右の目で同じのを使わないほうがいいということです。勿体ないですが、やっぱり何か起きたら使用中止にしないといけなくなるかもしれませんので、そこは用心したほうがいいですね。

ケアプロストプラスをやめると元のまつ毛に戻る?

ケアプロストプラスでまつ毛が伸びても、使うのをやめると、元に戻るでしょう。そもそものまつ毛が減ってきた原因を解消できてたら別ですが、そんなことは稀でしょうね。

ですので、まつ毛育毛効果が出てきたら、毎日使用をやめて、数日に1度だけ使うとか、まつ毛美容液も併用するとか、工夫を考えてみるのもいいのではないでしょうか。