ケアプロストでまつ毛が伸びない原因?使い方?体質?それとも?

ケアプロストでまつ毛が伸びたという口コミは多いです。

ブログでもSNSでもいくらでもそういう書き込みは見つかります。

逆に効果がなかったとか、全然まつ毛が伸びないとか、色素沈着酷くてもう使ってないとか、そういう意見もありますね。

何パーセントくらいの人がケアプロストでまつ毛が伸びたかは分かりませんが、正直言って、ネットの書き込みだけで判断することは出来ません。中には約80%が効果を実感してるかのような記事もありますが、果たして信憑性はどうなんでしょうね。

2週間もすれば、ある程度は効果があるかないかの判断もついてくるかもしれませんが、中には1週間使っただけで、効果あるとか効果なしの判断で書き込み人もいますから、閲覧者がどう判断するかは難しいものがあります。

一つ言えることは、ケアプロストを何ヶ月の塗っても、全然効果が出なくてまつ毛が伸びないという人がいるということです。

では何が原因で伸びていないのか、それを調べてみました。

ケアプロストの塗り方が悪くて効果が出てない

これは多い気がします。

ケアプロストはただ単に、まつ毛の生え際に塗るだけですから、塗り方は決して難しいものではありません。アプリケーターはちょっと塗りにくい気もしましたが、それでも慣れてくれば全然難しくも感じません。

ケアプロストアプリケーター(Applicators)袋入り

問題なのは、きちんとまつ毛の根元に塗れいてるかということです。もともと毛母か毛包か忘れましたが、元からまつ毛が生えてる部分に塗らないと、何ヶ月塗っても生えてこないことでしょう。

もう一つは、塗り方が悪くて色素沈着が起きてしまい、継続することが困難になったケースもあるでしょうね。

ケアプロストの使い方まとめ

ケアプロストの効果よりまつ毛の負担が勝っている

まつ毛が抜ける原因は様々です。

まつ毛が抜ける原因は?

ビューラーは物理的にまつ毛に相当なダメージを与えています。いくらケアプロストを毎日使っていても、もし日々ビューラーでまつ毛を痛めていては、さらにまつ毛が抜けていくことも考えられます。痛んだまつ毛を修復できる効果まではケアプロストにはありません。

マツエクもつけまつげもそうですが、まつ毛が減ってしまった原因がもしかしたらあるかもしれません。

もしそうなら、そのまつ毛の負担を減らすことも同時に考えたほうがいいでしょうね。

まつ毛に優しい食事と睡眠を心がける

髪の毛もそうですが、やっぱり普段の生活習慣の影響は多かれ少なかれ受けることになるでしょう。

特に大切なのが食生活と睡眠でしょう。

まつ毛は睡眠中に伸びるものでしょうから、睡眠のいリズムがおかしくなっていたりすると、どうしても、少なからず悪い影響はうけるでしょうね。眉毛でも同じかもしれません。

食事に関しては、やはりまつ毛の成長に必用な栄養もあります。

ただ、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂質など、バランスの良い食生活を心がけるに越したことはありませんが、あまりにも細かく考えすぎるのもストレスになりえます。

食事によってまつ毛の伸びがどれほど差が出るかは比較したデータは見つかりませんでしたが、育毛効果のことを考えると、食事も意識したほうがいいでしょうね。

ケアプロストで効果がでない場合の選択肢

ケアプロストでまつ毛が伸びない、効果ない、そう感じた時にどうするか?

ルミガンやケアプロストプラスやモデラッシュのような他のまつげ育毛剤を使うか、もしくは効果は弱くなるかもしれませんが、まつ毛美容液を買ってみるとかですね。

ただ、ビマトプロストは0.03%ともし同じなら、そこまで大きく効果がアップするというのはちょっと考えにくい気もします。

口コミでは、ケアプロストよりケアプロストプラスのほうが効果があったとか、比較するとルミガンかなみたいな声は確かにありますが。

ケアプロストを手法を変えて続けてみる

個人的におすすめなのは、ケアプロストをそのまま継続することかな。

ただ、何らかの原因があるでしょうから、それを取り除きながらになると思いますが、もし何をやってもケアプロストでは伸びないのであれば、諦めてしまうかな、私の場合は。