今はケアプロストプラス続けてます

まつ毛パーマは自分でも出来るけどトラブルが怖いからケアプロスト

ビューラーを使えばまつ毛をくるんって感じで上げることもできます。
慣れると時間もちょっとだけですけど、まつ毛が痛むんですよね。
まつ毛パーマとまつ毛美容液どっちにしよう
痛むという点では一緒ですけど、朝の忙しい時間の手間を考えると、まつ毛パーマという手もあります。

サロンに1ヶ月とか2ヶ月に1度通うでもいいですが、最近はセルフ用まつ毛パーマキットも売ってます。
値段もかなり安くあげれるから、チャレンジしてみるのもいいですが、それなりにリスクはあります。

人気なのは「くるくる本舗プロ級らくちんまつげパーマキット」とかでしょうか。
レビューの数が1万件を越えてる上に評価が全体的に高いです。
価格も3,000円ほどで送料無料だったので、サロンに行くことを考えると、とんでもなくお得です。
これに慣れてしまえばはっきりいってサロンに行く必要なんてないんでしょうね。

使い方もイラスト付きで分かりやすいから、これからは何でもセルフの時代なのかななんて思いました。

もちろん、誰にでも大丈夫かというと、自分のまつ毛の長さにもよりますし、かかりは個人差はあるみたいですけどね。
まつ毛パーマは自分でも出来るけどトラブルが怖い

まつげパーマでどんなトラブルがあるの?

サロンに行こうと、自分でしようと、まつ毛パーマでトラブルに繋がることがゼロになることはありません。
恐らく商品自体の性能も上がってるでしょうから、大丈夫かもしれませんが、こういうトラブルはよく聞きます。

  • まつ毛自体のトラブル
  • 目や肌のトラブル

だいたいこの2つに分類されます。
まつ毛のトラブルとしては、まつ毛が折れてしまうとか、先のほうがチリチリになってしまったり。

こういうことが起きても、どっちにしても、まつ毛は生まれ変わる(生え変わる)わけですから、また新しく生えてきたら問題はないかなと。
髪の毛の場合は一度痛んでしまうと、カットするか、抜けてしまうまで待たないといけないんですが、まつ毛は生え変わるスピードが早いですからね。

よく、まつ毛パーマとビューラーはどっちが痛む?って疑問に思うんですが、いろんな人の口コミをみてもバラバラですね。
施術する側の人だったら、まつ毛パーマでは痛まないって人もいますし、経験から同じくらいじゃないって人もいます。
真実は分かりません。

ただ、私は目や皮膚のほうが心配です。

目元ぱっちり、美しくなるはずが・・・「まつ毛パーマ」による目の炎症や、かぶれ等の事故が増加!
古い情報ですが、国民生活センターのページです。

主な危害実例として挙がってたのがこういうのです。

  • パーマ液が目に入り充血して医者に行った。
  • パーマ液が目に入り、目が痛くなったところにリムーバーで擦られ、病院にいくと角膜に傷がついていた。
  • パーマ液がまぶたにつき、やけど状になった。
  • まつ毛が全部抜けてしまった。

10年以上前のデータですので、パーマ液が改良されているのかもしれませんが、やはり目に入ってしまったり、瞼についてしまうのは危険でしょう。
まつ毛をカールできるくらいの液なんですから、目に入って大丈夫なんてことはありません。

専門サロンといっても、いろんなところがありますから、よほど信頼できるところでないと私は怖いな。

何より、まつ毛が短いとどうにもうまくかからない気がするし、短いまつ毛をカールさせると余計に貧相に見える気がする。

私は今のまつ毛美容液で長くなるだけで十分かな。何かあってから感がれるタイプではないんです。あたふたしてしまうでしょうし。
それなら、少しでも危険なことが起きそうなことはしない、そう思ってるほうが気分的に楽ですからね。
ですので、まつ毛美容液と育毛剤を間違って使ったりしないようにしないとといけませんね。

まつ毛エクステにしても、パーマにしても、確実にリスクがあるということは覚えておいて損はないと思います。リスクに関しては、どの方法でもありえます。それはまつ毛育毛剤というビマドプロストのような医薬品成分が入ったケアプロスやルミガンでも一緒ですね。

まつ毛パーマよりケアプロストのほうが低リスクだと思う

まつ毛パーマで満足しているならそれでいいのですが、個人的にはケアプロストのようなまつ毛育毛剤のように、自分のまつ毛を伸ばすほうがリスクも低いと思ってます。

ケアプロスト0.03%のメリットとデメリットにも書きましたが、絶対に良いことばかりとか、絶対に悪いことばかりということはありえません。ケアプロストも良し悪しですから、それを良く考えて使いましょう。