今はケアプロストプラス続けてます

まつ毛美容液で伸びる!ケアプロストで増える!でもマッサージは?

実際はしてみてみた本人しか分かりませんが、まつげを伸ばすためのマッサージをすることで育毛効果があるかもしれませんし、逆効果になることもありえます。

まつ毛美容液で伸びる!増える!でもマッサージは?

まつ毛美容液で伸びる!増える!でもマッサージは?

お金をかけない「まつげの育毛」といえばマッサージ

当サイトで紹介しているような「まつげ美容液」を毎日塗ることによる育毛もありますが、お金をかけずに出来ることといえば、マッサージでしょう。

とはいっても、まつげの根元を直接マッサージするわけではなく、その周辺をマッサージして、血行を良くしましょうということなんです。

  • 眉毛の下(まぶたあたり)
  • 目の下
  • こめかみ

こういったあたりを、最初に温かいタオルで血行をよくしてから優しくマッサージしていきます。
絶対的なポイントは、力を入れすぎないことです。

確かに、血流がよくなることで、まつげ伸びる環境が生まれるかもしれませんが、私としては、それ以上に逆効果の部分のほうが怖いので、おすすめはしません。

デリケートなまつげ付近のマッサージが逆効果になる可能性

目の周りはとてもデリケートです。皮も薄いですし、力を入れすぎて、目をついてしまうのも怖いです。
そして私が恐れているのが、刺激と摩擦による肌の変化です。

シミの原因の一つに、摩擦や刺激というものがあります。紫外線が主な原因のシミですが、実は知らないうちに、肌への摩擦で刺激することにより発生しているケースもあるのです。

皮膚が摩擦などの刺激を受けることにより、メラニン色素が作られ、シミの原因になってしまいます。

シミが出来るかどうかは個人差がありますので、目元のマッサージでシミが絶対できるとは言えませんが、可能性はあるはずです。

私の美容についての考えでは、「可能な限り顔に触らない」というものがあります。
それは、洗顔の際も同様ですし、化粧水を塗るときも出来るだけ刺激にならないように考えています。

  • まつげを伸ばすためにマッサージをする
  • 摩擦による刺激でシミが目元に増えるリスク

私は後者を選ぶので、まつげ付近のマッサージはしていません。

ただ、マッサージをすることでまつげの育毛効果がないと言い切っているわけではありません。

リスクも考慮しての結論です。それなら、「まつげ美容液」を塗りながら、まつげが抜けたり切れたりする原因を出来る限り排除していったほうが効果が出そうなものですがどうでしょう。

まつ毛美容液を塗るタイミングは夜1回だけに私はしていますが、塗りすぎつけすぎでも肌に優しいまつ毛美容液なら特に色素沈着しないとは思いますが、万が一、かぶれ、かゆみ、しみるということがあると残念なので、使用方法は守るようにしています。8000円もするような高いのではなくても、使い続けてる間は伸びてる実感がわくと思います。TREE目元とまつ毛のご褒美の初回が安いので、まずは、目元ケアクリームから始めてもいいですね。

まつげ美容液より育毛にビューラーは悪?

まつげ美容液に頼る前に、まつげに負担がかかることを減らす習慣も大切です。特にビューラーの使い方で抜けてしまうこともありえます。

まつげ美容液より育毛にビューラーは悪?

ビューラーでまつげが切れる・抜ける!それが現実

まつげ美容液でまつげが伸びたとしても、やっぱり外へくるんってなってるほうが可愛いと思って、ビューラーを使うこともあるでしょう。
デカ目になれるし、毎朝がんばってビューラー使ってる女性も少なくないと思います。
でも、使ってるうちに、まつげが抜けてしまったりした経験はありませんか?

まつげに負担がかかると分かっていてもビューラーは使いたい。そんな時は出来るだけのことはしておきましょう。
ビューラーを使う時に気をつけたいことまとめ

まつげの毛根がある場所は浅いため、ちょっとした影響で抜けることも珍しくありません。
まして、ビューラーともなるとある意味抜けて当たり前なことをしてるのかもしれません。
ビューラーで力を入れすぎている

たぶんこれが一番大事だと思うのが力の入れ方です。
まつげをクルンってさせたいばかりに、強烈に力を入れてビューラーを使ってしまうと、デリケートな毛ですから、抜けたり切れたりすることがあります。
強い力のほうがクセがつきやすいと考えてしまいますが、毎日続けているとダメージが続き、最悪の場合、まつげがどんどん抜けていくこともあります。
引っ張る感じではなく、ぎゅっぎゅという感じでやさしく挟んでいきましょう。

ビューラー自体に問題があるケース

  • 自分の目の形にあったビューラーを使う
  • お手入れをきちんとする

この2つは最低限守りましょう。
ビューラーの形はいろいろありますので、こればかりはいくつか試して自分に合うものを探すしかありません。
大切なのは、それが見つかったとして、それで安心というわけではありません。
特にゴム部分は消耗品と考えて、劣化する前に交換しましょう。

まつ毛美容液はエクステよりビューラーより好き

まつげが自然に外向きになってくれたら理想なんですが、美容液で伸びてきても、思った方向に向いてくれるとは限りません。
そうなるとビューラーに頼ることもあるでしょう。
まつげを伸ばしたいなら負担を減らせばいいという簡単なことではないかもしれませんよね。
ヘアカラーやパーマはダメージを受けるのは分かっていても、オシャレのためには欠かせないと思うのと一緒でしょう。

まつげの育毛に近道はありません。日々の小さなの努力の積み重ねで、可愛いまつげを手に入れたいですね。ケアプロストでも同様です。確かに美容液より効果が出るのが早いですが、日々の努力は大事ですね。ケアプロストを綿棒で塗るのは危険だと思うので、そういうことも一つの情報として頭に入れておきましょう。ではケアプロストは何で塗るかとなると、アプリケーターが最終的には一番おすすめかと思います。