ケアプロスト(careprost)とラティース(LATISSE)の違いは何?

まつ毛育毛を考えた人なら、この商品も聞いたことがあるかもしれません。

ラティース(LATISSE)というまつ毛育毛剤です。

ケアプロストを購入しようと思ったら、いろんな口コミで、ルミガンやラティースなどとの比較が出てきますが、今回は、ケアプロストとラティース(LATISSE)の違いについてです。

ビマトプロストが含有されており、まつ毛を伸ばす効果があるという点では同じですね。

ケアプロスト(careprost)とラティース(LATISSE)の違いは何?

ケアプロストとルミガンの違いは?効果と副作用と通販で買える場所比較!

ラティース(LATISSE)とは?

まずはラティース(LATISSE)とは何か?についてです。ケアプロストをいつも使っている人なら、聞いたことがあるかもしれません。

ルミガン(lumigan)にも触れる必要があります。

ルミガンは、緑内障の治療で用いられている時に、まつ毛が濃くなったり長くなったりするという効果、つまり副作用によってまつ毛がフサフサになる効果に期待し、アラガンとうアメリカの会社がまつ毛育毛剤として発売したのが「ラティース(LATISSE)」なんです。

ルミガンとラティースの中身は同じ成分ということです。

この2つは、日本の病院で処方されていました。私が調べた時点ではですが。

ルミガンは日本国内製造なんですね。

そして、このラティースとルミガンですが、中身は同じですが、価格が違います。病院(クリニック)によっても異なるかと思いますが、おおよそ2倍くらいの差があるところもあります。

ラティースで1万円台後半、ルミガンで6,000円から8,000円程度。

ラティース(ラティッセ)に関しては、FDA(米国食品薬品局)に認可されている医薬品です。まつ毛を長く濃くする薬として認められているんです。

ですので、病院で買う場合は処方箋が必用になります。

ラティースの使い方は、夜寝る前に1日1回の使用となり、専用アプリケーターを使って、まつ毛の根元に塗っていきます。

ラティース(LATISSE)とケアプロストの比較

先に書いておきますが、以前の記事で、ケアプロストは日本の病院やクリニックでは買えないと書きましたが、最近ネットで探して見ると、ケアプロストを提供している日本のクリニックもあるようです。ただ個人輸入代行サイトで販売されている価格と比較すろt、5,000円ほどしていましたので、2倍以上値段に差がありました。

では、ラティース(LATISSE)とケアプロストの比較をしていきましょう。

結論としては、効果も副作用も違いはないと思われます。

そもそも、なぜまつ毛が伸びる効果があるか、なぜ色素沈着のような副作用が起きるかというと、医薬品の成分としてビマトプロストが入っているからです。

ラティースもルミガンもケアプロストも、さらには日本で厚生労働省から承認されたグラッシュビスタもビマトプロスト含有量は0.03%のようです。

ということは、他にどういう成分が入っているかは分かりませんが、効果も副作用も同じようなものとおもっていいと思います。

それなのに、なぜ口コミでこのような比較結果があるのでしょうか。

  • ケアプロストよりルミガンのほうが効果が高い
  • ケアプロストよりラィテースのほうが副作用がどうこう

恐らく気のせいではないでしょうか。これは私の憶測ではありますが。

使い方も同じです。基本は専用アプリケーターを使いますが、それで塗りにくいなら、自分で使いやすい代用品を使うでもいいでしょう。

ケアプロスト(careprost)を買う理由は何?

効果も副作用も違いがないようで、使い方も塗り方も違いがないようで。

では何を比較してケアプロスト(careprost)を選択するかを決めればいいかですが、やはり病院で処方してもらうか、通販で買うかですね。

それを決めるだけではないでしょうか。病院で診てもらって、処方してもらうほうが安心だと考える人もいるでしょうし、そんなの全然気にしないからとにかく安いほうがいいとうい人もいるでしょう。

ということでこうしました。

ケアプロストも購入する通販サイトも信用してるならネットで買う
まずは自分のまつ毛の状態を知ってから書いたいなら病院で買う

ということですね。