ケアプロストやルミガンを頭皮に塗ると髪の毛が生える?まつ毛育毛剤で発毛は?

まつ毛育毛剤「ケアプロスト」や「ルミガン」は、効果としては「まつ毛を伸ばす」ものです。

ただ、眉毛に塗ると眉毛が伸びる、増えるという口コミもあって、眉毛に塗っている人も結構いるんですよね。

そこで今度は「髪の毛に塗るとどうなるの?生えるの?」という疑問が沸いてきて、髪の毛の育毛や発毛効果に期待する声もあったりします。

ケアプロストやルミガンのような「まつ毛育毛剤」を頭皮に塗ると薄毛が改善するのか?

徹底的に調べてみました。

ケアプロストやルミガンで髪の毛は生えるのか?

ケアプロストもルミガンもどちらも医薬品ではありますが、効果としてはまつ毛を伸ばすものです。まつげを伸ばす効果だけでいうと、確かに口コミを見てもそうですが、まつ毛が伸びたという声は多いです。

医薬品の育毛剤であれば、ミノキシジルが入ったリアップや海外製であればフォリックスが人気があります。

今回、当ブログでもよく取り上げていますルミガンやケアプロストの効果は、ビマトプロストの効果なんですが、実は、フォリックスという育毛剤にはビマトプロストが入っています。フォリックスには何シリーズがタイプがあるんですが、その中の確か一つだったと思いますが。

そう思うと、ビマトプロストが入ったまつ毛育毛剤にも薄毛改善、髪の毛の増やす育毛効果があるとも考えられますよね。

ルミガンやケアプロストを頭皮に塗るリスク

確かに、フォリックスのような育毛剤にはビマトプロストが入っています。

ただ、育毛剤、つまり頭皮に塗るものとして開発されているわけですから、ビマトプロストが入っているとはいえ、その配合量も、髪の毛用に作られているわけです。

ところが、ルミガンやケアプロストの場合は、緑内障治療の点眼薬の医薬品ですから、頭皮に塗ったらどういう作用が起こるかは分かりません。

そこまでリスクを犯す必用があるのかということになりますよね。

ルミガンを頭皮に塗る実験が行われている?

どこかのブログで書かれていたのですが、ルミガン(ビマトプロスト)を頭皮に塗ることによる育毛の実験が行われているかのような記載を見つけました。

どこまで育毛や発毛の効果があるのか分かりませんが、私の知り限り、薄毛改善が期待できる頭皮用の育毛剤、発毛剤は、ミノキシジルだけだと思っているので、あえてビマトプロストを使う必要があるのかが分かりません。

結論はケアプロストもルミガンも髪の毛の育毛には使わない

私の出した結論ですが、ケアプロスト(careprost)にしてもルミガンにしても、髪の毛の育毛のために頭皮に塗るのはおすすめしません。

それなら、ミノキシジル含有の育毛剤のフォリックスにしたほうが発毛効果が高そうだからです。

ビマトプロストの副作用に色素沈着がありますが、頭皮に塗ることで、どれほど影響でるかも分かりません。

もしかしたら、ケアプロストを頭皮に塗ることで髪の毛が生えてきたという人もいるかもしれませんが、やっぱり私はおすすめしません。

ケアプロストとルミガンの違いは効果的には特にないと思っていますので、あえて別々に考えなくても、どちらでも同じです。ビマトプロスト含有量も確か同じはずですよ。