ケアプロストは妊娠中や授乳中は使わないほうがいい理由

ケアプロストは飲用するのではなく、塗る医薬品です。

塗る部位も、まつ毛の生え際なわけですから、体内への影響というものはないと思っていました。

ところが、ケアプロストは、授乳中や妊娠中は使用してはいけないんです。軽い気持ちででも使わないほうがいいでしょう。

なぜケアプロストは妊娠中や授乳中は使えないのでしょうか?どんな危険性があるのでしょうか?

調べてみました。

ケアプロストは妊娠中や授乳中は使わないほうがいい理由

ケアプロストは妊娠中は使用してはだめな理由

妊娠中は女性の体のホルモンバランスが変わります。見た目だけでなく、体内でも大きく変化が起きます。

ですので、妊娠中はケアプロストは使わないほうがいいんです。それはお腹の中の赤ちゃんに影響が出てしまう可能性があるからです。

ではなぜダメなのか?

これは調べましたが、やはりケアプロストというのは点眼液なわけで、それをまつ毛の育毛に使っているのですが、場合によっては目に入ってしまうこともあります。

医薬品成分のビマトプロストが目に入った場合、体にどういう影響があるかはわからないわけです。

だからいろいろな副作用が起きる可能性が記載されているわけです。

つまり、絶対大丈夫と言えない限りは、万が一のこともあるので、妊娠中も授乳中もケアプロストは使ってはいけないということです。これはルミガンでもモデラッシュでも同様だと考えて下さい。

もちろん、点眼液として使うわけではないですし、目に入ったとしても、極少量なので影響があるとは考えにくいのですが、心配することは体に悪いわけです。ストレスにもなりますから。

もし、お医者さんが、絶対大丈夫というならそれを信じてケアプロストを使うのはいいでしょうけど、そうでなくて少しでも不安があるなら控えましょう。

ケアプロストは授乳中も使わないのがベスト

妊娠中はケアプロストを控えるとして、授乳中はどうなのでしょうか。

やはり妊娠中と同様な理由で、ケアプロストは控えたほうがいいでしょうね。

赤ちゃんにどこまでに影響があるかわからないからです。ビマトプロストがどれほど影響でるかは分かりませんからね。

妊娠中はまつ毛が抜けやすいのは本当?

妊娠中は、ホルモンのバランスに変化が起きます。その影響もあって、まつ毛の成長サイクルがいつもと変わってしまうこともあります。

その影響でまつ毛が抜けやすくなる可能性があります。

一番長くまで伸びるのではなく、早い段階で抜け落ちてしまうので、まつ毛が短くなったと感じるかもしれません。

妊娠中も授乳中もケアプロストは使わないという結論

結論としてまとめると、妊娠中も授乳中もケアプロストでまつ毛の育毛はしないほうがいいということです。

まつげが抜ける5つの原因と5つの対策!

ここでも書きましたが、まつ毛が抜ける原因はいくつもありますから、妊娠中や授乳中は抜けやすくなる可能性もありますから、その時期は、一旦ケアプロストをやめておくのもひとつの考え方です。

まつ毛はまた伸ばすことは出来ますが、その時期の赤ちゃんをじっくり見るのは、その時しかできないですからね。