ケアプロストを朝晩塗るメリットとデメリット

以前に、ケアプロストの使い方、塗り方のページの中で、こういうことを書きました。

ケアプロストは朝晩ではなく夜寝る前に1回だけ

簡単に書くと、ケアプロストの基本的な使い方、塗るタイミングとしては、夜1回だけ。

清潔な状態に人塗りするだけということでした。

その後他の人からの意見や体験を聞いていると、中にはケアプロストを朝晩塗っているという人もいます。

果たして、どの方法がベストなのでしょうか。

ケアプロストは夜に1回塗るだけのメリット

前に書いた通りですが、ケアプロストを夜、清潔な状態で1日1回塗るということのメリットを挙げていきます。

ケアプロストでの色素沈着を抑えることができる

ケアプロストの副作用に多い色素沈着ですが、塗る回数が増えると、当然その分色素沈着はおきやすくなることでしょう。

1日に1回より2回のほうが、目元のまつ毛以外の部分に付着するリスクが高くなります。

ということで、1回しか塗らないメリットとして、副作用の可能性を減らせるということがあります。

ケアプロストのもちがいいからコスパいい

ケアプロストはだいたいですが、1本で1影分ほどです。その場合の使い方は、夜に1回塗るだけのパターンです。

これを1日の朝晩に塗るとなると、おおよそですが、なくなるスピードが2倍になるということですね。

1ヶ月に2本使うことになりますから、コスパは悪くなります

ケアプロストを朝晩縫っても夜だけでもまつ毛育毛効果に大差がない

もし、1日に2回塗ることによって、劇的にまつ毛が伸びる効果が高くなるなら話は別ですが、そこまでの効果の差はないようです。

ということは、あえて朝晩にする必要がないということですね。

ケアプロストは朝晩1日2回塗るメリット

では次に、ケアプロストを朝晩塗るメリエットを考え、調査してみましょう。

ケアプロストを朝晩塗っている人は効果が高いと感じてる

結局ね、比較しようがないんですが、朝晩塗っている人の言い分としては、そのほうが効果が高いと感じてるようなんですが、実際のところは分かりません。メリットと言えるのかも分かりません。

ケアプロストを朝晩塗るのは損な気がする

結局のところ、朝晩ではなく、夜に塗るだけというのが効果においても、コスパにおいても、色素沈着のことを考えても、やっぱり一番メリットが大きい気がします。

もちろん、誰にとってもという意味ではありませんけどね。

ケアプロストを使い人によっては、しみるとかむくみとかものもらいとか、何らかの悪いほうの影響が出てしまうこともあるようです。

ですので、塗る回数が少ないほうが肌にも優しいでしょうね。

ケアプロストを塗りすぎないように気をつけたい

仮に、ケアプロストは1日1回にするにしても、その時の塗る量も考えたほうがいいでしょうね。

1回にたくさん塗ってしまうと、その液が余計なところに流れていってしまうかもしれませんから。

そしてその液が原因で黒ずみや色素沈着が起きるということですね。

指で塗ったりは危険なので、アプリケーターにするか代用品にするかはよく考えましょう。まつ毛のお手入れをすることで、自分のために時間をかけてる感覚も生まれ、精神的にも安定するという女性もいました。

自分を大切にしないと、人に優しくなれないという人もいます。

他の人がどう言うからということではなく、自分によって、それが良い方法、手段なのであれば、だんぜんどんどん挑戦してみるといいと思います。

マツエクとも併用はできますから、気分を高めるためにもcareprost、よかったら使ってみてもいいのではないでしょうか。ちなみに、ケアプロストプラスも少し成分が違うだけなので、今回書いた内容は当てはまりますよ。